メニュー 閉じる

中国経済関連情報

RSS by 大和総研

  • 新型コロナウイルスの新規感染者数が日米欧で総じて過去最高を更新する急増を見せており、サービス消費を中心に足元の景気下振れが避けられそうにない。ワクチン接種進展などを背景に重症者数や死亡者数は抑制されており、また米英で感染急拡大に収束の兆しが […]
  • ◆5年に1度の党大会開催年は、1978年の改革・開放政策導入後の8回のうち6回で前年の成長率を上回った。特別なことがない限り、2022年は前年の成長率を上回る可能性が高い。今回の比較対象は、2020年の前年比2.2%、2021年の同8.1% […]
  • 2021年は2020年と同様に新型コロナウイルスに翻弄された1年であった。新規感染者数で見れば2021年のピークの方が2020年より高い国が多い。ただ、ワクチン接種の進展で重症者数や死亡者数は抑制され、経済活動は曲がりなりにも正常化への道筋 […]
  • ◆2022年は何よりも経済の安定が重視される。「需要収縮、供給制約、(成長)期待低下」の三重苦と評される経済的困難の中、中国人民銀行は既に政策対応を開始している。2021年12月15日に預金準備率を0.5%引き下げたのに続き、12月20日に […]
  • ◆2021年12月8日~10日に、2022年の経済政策運営の重点を決定する中央経済工作会議が北京で開催された。会議は、中国経済の現状を「需要収縮、供給制約、(成長)期待低下」の三重の圧力にさらされていると認識し、2022年はマクロ経済の安定 […]
  • 主要国の2021年7-9月期のGDP成長率が出そろい、高成長を記録したユーロ圏、前期からの減速が目立つ米国、中国、英国、そしてマイナス圏に沈んだ日本と明暗が分かれた。とりわけユーロ圏と日本で明確な差が生じたが、主因は個人消費にあるとみられる […]
  • ◆中国共産党第19期中央委員会第6回全体会議(6中全会)は、2021年11月11日、「党の100年奮闘の重大な成果と歴史的経験に関する決議」を採択して閉幕した。決議の約7割は習近平総書記の時代に関する記述であり、突出した扱いとなっている。こ […]
  • ◆中国国内第3の証券取引所・北京証券取引所はイノベーション型、創業型、成長型の中小企業向けの株式市場として誕生し、2021年11月15日に81銘柄で取引を開始した。 ◆北京証券取引所が今後抱えるであろう問題は、2019年6月に開設された上海 […]